HOME
先輩の仕事 「2001年入社 店長業務 米山勇人」

人材管理や店舗運営のスキルを身に付けて、目指すは主任・店長!

店舗の総合的な管理、さらに人財育成も行います。組織の責任者として経営的視点が求められる仕事でもあります。

味と接客サービスでお客様にご満足いただくこと、スタッフが働きやすい店づくりをすること、そして目標の売上を達成すること。その3つが店長としての責任だと思います。

スタッフをまとめ上げ、日々の教育・指導を通じて店全体を成長させるためには、その店では自分が経営者だという心構えをもって業務にあたることが必要です。 そうは言っても、お客様からのクレームや、スタッフ教育で悩んでしまうこともしばしば。 ですが困難な業務・目標だからこそ、一致団結して達成したときの喜びはとても大きいです。 年間の目標を達成して会社の行事で表彰されたときは、スタッフみんなで喜びを分かち合いました。 飲食業はお客様が感じたことがすぐに売上の増減に伝わる仕事です。 お客様が満足されればどんどん売上が伸びるし、逆に一度信用・信頼を落としてしまうと、それを取り戻すのには時間がかかります。 来店いただいたお客様一人ひとりに「やっぱりそばは小嶋屋。 特にこの店が一番雰囲気が良くて美味しい」と言われ続けるために、現状に満足せず、積極的に改善を進めていきます。

ページの先頭へ